美容師求人報告センター南駅エムスラッシュ

エムスラッシュ

いつもご覧くださいまして、いただきありがとうございます!

 

 

先日に引き続き、「応募報告」を連続で書きましょうか!

 

 

センター南駅エムスラッシュ

 

 

エムスラッシュさんは、今月新社屋完成で、超すごい状況になっております!

岸井さんのブログから画像を引用させていただきました。

 

 

エムスラッシュ エムスラッシュ エムスラッシュ

 

 

岸井さんのブログによると、屋上は「昼寝エリア」との記載まで!

 

ちょっと「応募報告」から脱線しました!

 

 

美容師求人正社員として応募報告となります!

 

 

やはり、パートさんやアルバイトより、正社員希望の方が多いのが現実ですかね。

 

 

パートさんは気軽?アルバイトの方が気軽?とお考えの方も多いのかもしれませんが、冷静に考えればやはり正社員ではないでしょうか?

 

 

各会社において雇用形態が異なるので、ここでパートと正社員の違いを線引する事は、やや解釈を誤解する可能性があるので避けますね。

 

 

そして今夜も「提案」なんて最後の「作業」!というミーティングをしてきました!

 

 

営業会社でも、美容ディーラーでも、美容メーカーでも、美容室でも共通です。

 

 

「提案」に全力だから失客する事に気付いてください。ということ。

 

 

弊社の営業教育でも一貫して教え続けている事のひとつに、「提案力」はいらない!

 

 

Q:腹が減っていないのに、カツ丼食べませんか?という「提案」に共感しますか?

腹が減っていないあなたはこの質問にどう応えますか?

 

 

だから「提案力」ではないのです。

 

 

「提案力」が必要なシーンは、社内でのプレゼン大会くらいでしょう。

 

 

または、目的を同じくしたコンテストやショーでしょう。負けない位の「提案力」が必要です!

 

 

実際の「営業の現場」と、内に向けた行動の原理の違いは、現場と会議室での相違だと思うのです。

 

 

「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてんだ!」という、ちょっと昔の映画のセリフでありました。

 

 

会議室や社内ミーティング現場で一生懸命プレゼン資料を作ったところで、それが使えるシーンは「内に向かった発信」に必要であって、「外に向けた発信」の内容と質とでは、似ていて異なる事が現場で起きているのではないですかね?

 

 

仕事の結果は「質と量と向き」で決まる

 

 

提案に関する提起においては、「向き」に関する議論でしょう。

 

 

よくこんな事を聞きます。

 

 

発信するなら「私は誰か」「どこの会社か」「何をしている人か」などなどをはっきり明確に伝える必要がある。

 

 

それはそれでと思う私は、「いったい何屋か?」「いったいどんな奴か?」「なんか怪しい」「怖そう」と感じてくださる事が、私にとっては「変人」と同じくらいの「褒め言葉」なのです。

 

 

あ、この事は今度がっつり書こう!めちゃ長くなるだろうし。




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

下道 勝

美容業界特化型保険代理店REPSS(レップ)株式会社、美容師求人動画サイトCM&JOBを運営する代表取締役をしている、下道 勝(シタミチ マサル)が、日本全国の美容業経営者に向けた、情報ブログサイトを可能な限りの範囲で日々更新しているブログです。 日々営業活動をしている中で、美容業経営者の「なぜ」に対し、協会認定ファイナンシャルプランナーとしての情報が満載です。 これから美容業経営者を目指す方、現在美容業経営者の方に対し、情報を発信していきます。