美容室の決算対策で200万円の利益対策を行いました

いつもご覧くださいまして、ありがとうございます!

 

8月決算の法人美容室で、決算対策の打ち合わせをして参りました。とはいえ、私の本業中の本業でもある仕事で、「金融監督庁からの絶対のOK対策の方法」しかご案内致しません。

 

金融監督庁が「絶対OK」という方法であれば、その傘下にある税務署は当然完全OKの「全額損金」での対策となります。全額損金とは、全額経費とも言います。

 

美容室の節税は現金を残す

 

法人決算日最終日までに、やるべき事を行えば出来る決算対策は、「株式上場を目的目標にしていない」のであれば、美容室経営として「現金を残す」べきだと考えておりますし、基本的には現金商売の美容業ですから、生々しい表現ではありますが「現金を残す」事を知識と知恵を使いこなす事で、「儲かっているけど現金がない」状況から脱却できる可能性が高いのです。

 

さて私の言う決算対策というのは、意思決定から最短で2日〜3日で可能です。(全ての経営者が対象になるわけではありません)

 

決算対策として行う節税は、言い方を変えれば「税の繰り延べ」と言う場合があります。

 

この「税の繰り延べ」という考え方は、「出口計画」を持っていない知識人の考え方で、美容業の特質を熟知していれば、「税の繰り延べ」としての捉え方は偏見になるのです。

 

法人経営の場合、利益の出た経営者が、税理士からのアドバイスでよく聞く話は「役員報酬上げましょう」です。これは、どこでも聞きますし、税理士ならこのアドバイスが中心でしょう。

 

役員報酬を上げて、法人の利益を圧縮するという方法は、法人の利益を翌期は同じ程度出るだろうと仮定した場合に、その額に近い程度の役員報酬を増額するのですが、同時に「社会保険料・厚生年金保険料・住民税・所得税など」も同時に上がるという事です。

 

簡易的に書けば、法人に対する税金を、社長個人に、税金の転換するとも言われていますので、結果的には効果的な節税の方法ではないと解釈もできます。

 

効果的な美容室の節税

 

この効果的という事が、最も重要ですよね。

 

まず「モノ」に変えない事。欲しいモノに変えない事を言います。

 

すなわち、欲しいモノと必要なモノとを切り分けて、必要なモノであれば、全額経費で買える決算日までに納品が完了するのであれば賛成です。是非買っておきましょう!

 

では効果的な節税とはどういう事か?

 

外部留保という言葉聞いた事はありますか?社外流出とは全く意味が異なります。

 

外部留保とは、簿外預金という言葉が最も近いかもしれません。

 

外部に現金を留保するという意味で、外部留保。

試算表・貸借対照表・損益計算書等に外部留保の預金額の記載の必要がない事から、帳簿外の預金という意味で、簿外預金と言います。

 

この外部留保・簿外預金とは、会社の決算書等の帳簿類、金融機関の通帳に記載されない、現金の積立額の事です。

 

この方法は、金融監督庁を含め税務署も税務処理さえ間違わなければ、100%安全な対策として認めています。現に私が代表を務める法人は、この方法で完全対策しております。

 

知識や知恵だけで物事を語っても説得力に欠けると思いますが、弊社が私の判断と税理士の判断で実行し、過去の税務調査でも100%認められているので、正しい方法です。

 

この方法で、本日お伺いさせていただきました、法人美容室で対策案をお伝えし、来週には実行する事が決まりました。

 

その決算対策額は約200万円。(この数字をブログで書くことに対し、美容室の代表に確認済)

 

決算対策として、外部留保や簿外預金の方法は、一般的な法人美容室なら、50万円前後の利益対策から、5,000万円前後位までの利益対策まではおおよそ可能です。(例外もあります)

 

皆で必死に努力し、1年間頑張り続けて得た利益に対する税金は、納税後は基本的には2度と帰ってきません。

 

日本の法人税率は高いと言う人もいるように、ある時期は海外に法人を移すなんて事も流行った事があります。なぜなら、利益に対する税率が日本よりも低い国もあって、数年前から今に至っても、この方法を行っている業界や会社もあるようです。

 

支払う義務のある税金はしっかりと期日までに支払う事は必須ですが、税金を回避できる合理的で合法的な方法があるのであれば、利用価値は高いのではないでしょうか。

 

 




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

下道 勝

美容業界特化型保険代理店REPSS(レップ)株式会社、美容師求人動画サイトCM&JOBを運営する代表取締役をしている、下道 勝(シタミチ マサル)が、日本全国の美容業経営者に向けた、情報ブログサイトを可能な限りの範囲で日々更新しているブログです。 日々営業活動をしている中で、美容業経営者の「なぜ」に対し、協会認定ファイナンシャルプランナーとしての情報が満載です。 これから美容業経営者を目指す方、現在美容業経営者の方に対し、情報を発信していきます。