美容室業務委託契約書で顧客情報は誰のモノ?

いつもご覧くださいまして、ありがとうございます!

 

2018.1.4更新:美容師業務委託契約書ひな形改訂版2018年はコチラです!

 

過去に書いたブログが、GoogleでもYahooでも「美容室業務委託契約書」で検索(プライベートウィンドウで検索)すると、上位ベスト3が全て私のブログが表示されているようで、アリガタイ!!!

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-24-15-56-31

 

そこで、個別に質問を受けています項目の中で、皆さんが気にしている箇所を抜粋して、更に少し改訂版をアップしておきます。

 

作成してある美容室の業務委託契約書の中に、一部こんな内容に改定しておきました。

 

美容室業務委託契約書の顧客管理について

 

美容室業務委託契約書の一部抜粋

 

乙は業務遂行上に知り得た情報(個人情報・経営情報等)を、複製・転記・SNS利用などの一切の行為や、店舗内及び店舗外への持ち出し行為を禁止し、その行為が発覚した場合には、甲は委託法人及び団体又は提携弁護士等に相談し(窃盗・不正競争防止立件等)、本件の早期解決に向けて依頼する事とする。但し、乙の申し出により、甲の許可を得た場合に限って、その定めではないものとする。

 

ここの箇所の目的は下記の事です。顧客情報は誰の財産か?って事です。

 

集客費用を全額負担する美容室運営会社は、その集客を行った結果、美容室へ訪れたお客様に対し、業務委託契約書を締結した美容師が、美容施術サービスを行う契約ですので、その顧客データは美容室運営会社の顧客であり、美容施術を行った美容師個人が保有する顧客データではないので、その顧客データを、店内及び店外に持ち出す事を禁止した文章です。

 

契約書をしっかり作れば完璧ではありませんよね。顧客データを持ち出す美容師が後を絶たないのが現実。

 

そんな輩には鉄拳制裁ですw

 

美容室の大切なお客様を違法に引っ張ろうとする美容師に対して、法的な事とは別に「手段」はあります。これはスーパー強力です。

 

もちろんここでは書きません。いや、書けませんw

 

業務委託美容師さんの誤解

 

こんな事を聞いた事があります。

 

◯美容室の内外どちらでも、お客様から連絡先を教えてもらう事。

◯美容室の内外どちらでも、お客様に連絡先を書いてもらって受け取った事。

◯美容室にあるカルテを、写メした。

◯担当しているお客様のカルテデータを削除する行為。

◯担当しているお客様のカルテデータをコピペする行為。

 

これ全部「犯罪」になる可能性大です。

 

絶対やっちゃダメなやつですからね。

 

美容室戦国時代

 

店長クラスが退職して、お店がヤバくなるって話はよく聞きます。さらには、2番手まで連れて出るなんて、社会の説法でも聞かせたいくらいな話もある。

 

全国の美容室の数は約24万軒もある時代。

 

顧客の争奪戦は、キレイ事を言えば「お客様が決める事」だという事は間違いない。

 

けれど、不正に持ち出した顧客情報を元に、オープニングDMを打ったり、お世話になった美容室とほぼ同じシステムで近隣に出すってのは、いささか人間性を疑う場合もある。

 

近隣に独立させない為の「競業避止」も、美容室業務委託契約書に盛り込むべき項目だとも思う。

 

ちなみに、「競業避止VS職業選択の自由」にならない為に、しっかり競業避止を理解して盛り込む必要があります。

 

まーこの手の相談なら、いつでもご連絡くださいね!

 

 




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

下道 勝

美容業界特化型保険代理店REPSS(レップ)株式会社、美容師求人動画サイトCM&JOBを運営する代表取締役をしている、下道 勝(シタミチ マサル)が、日本全国の美容業経営者に向けた、情報ブログサイトを可能な限りの範囲で日々更新しているブログです。 日々営業活動をしている中で、美容業経営者の「なぜ」に対し、協会認定ファイナンシャルプランナーとしての情報が満載です。 これから美容業経営者を目指す方、現在美容業経営者の方に対し、情報を発信していきます。