美容師さんも必見です!ドラッグストアで対象の薬を買うと税制控除!

いつもご覧くださいまして、ありがとうございます!

 

今朝、小倉さんの朝の番組を見て初めて知ったのですが、2017年1月1日から、ドラッグストアで税制控除対象の薬を買った場合、年間で12,000円以上超えた分(上限88,000円)が、総所得金額などから控除される制度がスタートしたんですって!

 

元々この手の税制控除はいくつかあったのですが、今回は大きく範囲が広がった事と、対象額が大きく下限したところがポイントのようですね。

 

img_5966

 

美容師さんにも関係アリな税制ですよ!

 

私の場合、ドラッグストアで買う薬といえば、バファリンか葛根湯かパブロンくらいかなー。

 

この3薬品が税制控除の対象薬品なのかどうかは分かっていませんが、美容師さんも含めて、きっと多くの方がドラッグストアを利用しているんじゃないですかね。

 

対象薬品が全てではないようなので、その見分け方ですが、「税制控除」のマークがパッケージに印刷されていたり、印刷が間に合っていない薬品には、シールを貼って対応しているようです。

 

img_5973

 

セルフメディケーション税制

 

この税制控除の正式名は、「セルフメディケーション税制」というらしく、厚生労働省のホームページには、相変わらず難しく書いてありました。

 

厚生労働省ホームページ:セルフメディケーション税制

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。

 

ん〜〜厚生省HPをこの先読んでも、さっぱり分かりませんw

 

セルフメディケーション税制の対象者は?

 

ドラッグストアの税制対象薬品を、規定上の年間購入価格クリア!な人、全員が対象じゃないのかも?

 

①ちゃんと税金を払っている人が対象

⇑そりゃ、税金払ってなきゃ節税する税金が無いんだからやむ無し!

 

②健康の為の維持増進や、疾病予防を目的とした、健康診断・がん検診・定期健康診断・特定健康診査を受けている人

⇑これって、確定申告した際に、どうやって健康診断してるかどうかって調べるんだろ??ちょっと現実的じゃない気がするけど・・・?まー一応書いておきました。

 

ドラッグストアでレシートもらうのは必須

 

税制控除を受けるには、結局「確定申告」する必要があるんでしょうけど、これって正社員の方で、年末調整を会社でやってくれている場合、個別に確定申告するって事なのかな?

 

だとしたら、だいぶ手間ですな・・・

 

でもとりあえずレシートとっときましょう!

 

そのレシートにたぶん印字されているでしょうけど、下記項目を必須だそうです。

①商品名

②金額

③セルフメディケーション対象商品

④販売店名

⑤購入日

 

レシートをパット見て、セルフメディケーション対象商品かどうかの見分け方は、レシートを見ると、商品名の横に黒い丸印が付いているのが、セルフメディケーション対象商品なんですって!

img_5972

 

ちなみに、自分用だけでなくて、「生計を一にしている家族・親族」分(同居してなくてもいいんですって)も合わせて申告していいんだそうですね。

 

セルフメディケーションでどれくらい控除されるの?

 

例えば、年収500万円の給与所得者と仮定した場合で、年間で10万円の指定医薬品を購入したという例で説明すると・・・上限の88,000円が控除額対象だから・・・

 

所得税減税

88,000円✕20%(税率)=17,600円

 

住民税減税

88,000円✕10%(税率)=8,800円

 

合計26,400円の節税!!となるそうです!

 

img_5968

 

あくまで年収500万円の給与所得者の一例で書いたのですが、収入によってこの図式はちょっと変わるようです。

 

所得税率一覧表からみるとその税率が分かります。

「課税される所得金額」

195万円以下:5%

195万円〜330万円以下:10%

330万円〜695万円以下:20%

695万円〜900万円以下:23%

900万円〜1,800万円以下:33%

1,800万円〜4,000万円以下:40%

4,000万円超:45%

住民税:一律10%

 

今回の説明では、年収500万円の給与所得者の事例ですので、税率20%になるって事のようですね。

 

花粉症の薬も対象なら助かる方も多いのかもしれませんね。

 

ちなみに、従来の医療費控除との併用ができるかどうかは、どちらか控除が大きい方を確定申告で選ぶ感じになるそうです。

 

まだ始まったばかりの制度なので、よく分からない?!?!みたいな点もこれから出てくるかもしれませんが、とりあえず、私達にとって手間はかかりそうだけど、メリットがあるんなら、やっときましょうか!的な感じでしょうか。

 

 




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

下道 勝

美容業界特化型保険代理店REPSS(レップ)株式会社、美容師求人動画サイトCM&JOBを運営する代表取締役をしている、下道 勝(シタミチ マサル)が、日本全国の美容業経営者に向けた、情報ブログサイトを可能な限りの範囲で日々更新しているブログです。 日々営業活動をしている中で、美容業経営者の「なぜ」に対し、協会認定ファイナンシャルプランナーとしての情報が満載です。 これから美容業経営者を目指す方、現在美容業経営者の方に対し、情報を発信していきます。