美容師リーダーの心得というカテゴリーを追加しました

いつもご覧くださいまして、ありがとうございます!

 

 

以前より、フツフツと考えていた事、私自信が実践している事を含めて、このブログのコンテンツメニューにひとつ増設して「美容師リーダーとしての心得」という、タイトルを追加してみました。

 

 

少し堅苦しそうな、タイトルでしょうか?

 

 

未来の美容室に必要な存在

 

 

このコンテツメニューを追加した理由があります。

私自身が美容室経営者と日々お会いしている中で、こんな話がよく出るんです。

 

 

店長やスタッフが、もっとやる気にならないかな?

もっと責任感を持ってもらえないかな?

お店を任せられる存在の人は1人はいるんだけど。

 

 

美容室経営者は、さまざまな課題を抱えていますね。

 

 

経営者ですから「あたりまえ」なのかもしれませんし、経営者は孤独だ!なんて事も聞いた事があります。

 

それを、スタッフと同じレベルで分かち合いたい気持ちも少しは分かりますが、なかなか全てが伝わるわけではありませんね。

 

 

けれど、いわゆる「右腕」の存在?「NO2」の存在?は、将来の美容室経営には、欠かせない存在であるには代わりありませんね。

 

 

美容室経営者のリーダーへの教育

 

 

「右腕」や「NO2」の存在を、どの様に育てていますか?

 

その育て方は、感覚でその人その人に合わせた教育でしょうか?または、会社としての標準化としてのベースが作られているのでしょうか?

 

 

これから何人も育てていく際に、会社として「右腕」「NO2」への教育を「標準化」の必要性は感じますか?

 

 

美容業界の方々のお話で、「他業界の仕組み」に興味があると聞きますが、他業界と美容業界の仕組みの中で、異なるポイントのひとつは、教育かもしれません。

 

 

美容室内でのリーダー

 

 

一般企業の経営理念や会社方針はなぜ作るのでしょうか?

 

美容室にもありますか?

 

 

一般企業では、会社の夢や目標設定があって、社長からの強いメッセージがあって、そこに社員一同が共感したり共鳴したりする事で、同じ方向を向いて、各個人の仕事の達成が達成感となって、その対価として収入が上がり、休暇を楽しめる。

 

 

私もそのひとりで、ソニー生命入社の頃は、ソニーの創業者である盛田昭夫さんの言葉に心を打たれ、時間も休暇も関係なく、必死に頑張ってきました。

 

 

もしスタッフ個人の夢や目標が、「独立」だとしたら、もし「すぐ目の前の出店」でも、会社としてその夢の実現に全力で手伝えますか?

 

日本全国には24万軒以上の美容所登録があるそうです。

 

たぶんあと数年はあと少し増えるでしょうね。

 

 

美容室経営者のリーダーシップ

 

 

今美容室に足りないな?と私が思う事は、社長自らのリーダーシップであったり、「右腕」「NO2」のリーダーシップではないかと思うのです。

 

 

一般企業でいう、管理職育成的な。

 

 

本当に、仕事のやり甲斐を感じられる職場環境、全スタッフが自ら考える力、「どうやるのか?」という方法論よりも、「なぜやるのか?」を事前に徹底的に考える事で、やる意味が理解できる事も多くあります。

 

 

もしかしたら、その「なぜ?」が最低でも5つ以上は上がらないとしたら、まだやる時期ではないのかもしれませんし、強引にやる事にも大きな疑問を感じます。

 

 

最近の若いスタッフはとても優秀ですが、確かに元気がない子が目立つ様な時代かもしれません。

 

経営者とアシスタントの板挟みとなる、店長やチーフクラス、一般企業で言えば中間管理職は、今も昔も大変な事には変わりありません。

 

スタッフを抱えて、これからどんどん成長して行こうと考えている美容室経営者さん、店長クラスの美容師さんがリーダーとして活躍する為には、せめて知っておいて欲しい事をこのブログで書いていこうと思いました。

 

 

リーダーの仕事は毎日が大変な事

 

 

できれば後回しにしたい事や、気の重い様な事もは、優先的に早急に解決しておくべきですよね。あとにまわして、自然と解決している事などはほとんどありませんよね。

 

 

すごい技術があっても、会社から与えられた仕事だけを淡々とこなすリーダーに魅力は感じますか?

 

 

自分が達成したい目標に向かって、必死に頑張っているリーダーには、エネルギーやパワーみたいな、オーラや魅力を感じませんか?

 

 

魅力がある人って、パワーがある気がします。

人を惹き付ける力の様な。

 

 

人の真似事ばかりして、そこそこ結果が伴っている程度のリーダーをリーダーとは思えません。

 

自分独自のスタイルがあったり、努力してスキルを身につけたりしても、まだ上には上がいるものです。

 

それでも努力を続けると、いつの間にか少し他の人より少し高いところにいるのかもしれませんね。

 

 

世の中はどんどん変化していっています。

 

小手先の「やり方」をいくら学んでも、その「やり方」は表面のひとつのブロックに過ぎないでしょう。

 

 

今後、時折この「美容師リーダーの心得」をアップデートしていきますので、興味がある方だけ是非参考にしてみてください。

 

日本中の何処かの誰かに、何処かの美容室経営者さんに、何処かの美容師リーダーのひとりに届けばいいなと思います。

 




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

下道 勝

美容業界特化型保険代理店REPSS(レップ)株式会社、美容師求人動画サイトCM&JOBを運営する代表取締役をしている、下道 勝(シタミチ マサル)が、日本全国の美容業経営者に向けた、情報ブログサイトを可能な限りの範囲で日々更新しているブログです。 日々営業活動をしている中で、美容業経営者の「なぜ」に対し、協会認定ファイナンシャルプランナーとしての情報が満載です。 これから美容業経営者を目指す方、現在美容業経営者の方に対し、情報を発信していきます。