美容師さんからの相談で確定拠出年金(401k)ってどおっ?って記事

いつもご覧くださいまして、ありがとうございます。

私、認定FP(認定ファイナンシャルプランナー)なのですが、知ってました?w

先日こんな質問を受けました。

 

確定拠出年金(401k)をやろうと思っているんですが、どう思いますか?って内容。

 

「ないっす!w」

「私はやりません」という回答をしたんです。

 

私の中では、選択肢にも入りませんし、ちょこっと強めの表現かもしれませんが、全く論外で、検討の余地もナーシです!w

 

特に保険屋と美容師さんが入るもんじゃない。

 

保険業界も、美容業界も、確定拠出年金(401k)という施策が合わないでしょうし、確定拠出年金(401k)が合わない業種や業界は他にもあります。

 

むしろREPSS(レップ)社では、確定拠出年金(401k)を導入する事はなく、確定拠出年金(401k)に近いけど、もっと使い勝手が良く、運用結果が出る可能性が高いより良い制度を導入しています!

 

美容師さんに確定拠出年金(401k)?

 

まさか、個人節税のつもり??で検討しているなら、マジでよーーーく検討してくださいね。

 

所得控除か税額控除かの違いは半端なく大きな違いにも関わらず、所得控除に釣られて「節税」になると考えるなら、考え直したほうが良い。

 

まださ、税額控除だったら良かったのにねー。

 

確定拠出年金(401k)は自己責任で運用し、その結果無事に益が出た場合の運用益の非課税が大きいと考えるかもしれませんが、約束できない未来投資に対し非課税がどれだけのメリットを生むのかも全く検討がつかない。

NISAをあれだけ広告しておいて、伸びしろが微妙になってきたとこで確定拠出年金(401k)で資金集めに便乗する選択肢はどうでしょう?

そもそも60歳まで「受け取れない」制度に興味がありますかね?

 

美容師さんのお金の相談

 

なんとなーくですけれど、お金の相談って誰にしたら良いのかって、考えた事もない方が多いのかもしれませんね。

 

いざ思い立ってGoogle先生で検索してみると、インターネット上には、良質な情報とそうでもない情報が混在して、何を信用したら良いのか取捨選択が難しい事があるかもしれませんね。

 

特にお金の事や、プライベートの事になれば、自分の懐事情なので、尚更誰かに聞きづらいのではないでしょうか。

 

アメリカの一角では、1家に1人のプランナーが居ます。

 

そのプランナーにとりあえず何でも聞く。

そのプランナーは、即答ができない内容の場合は、回答を準備してできるだけ早いタイミングで回答を出す。

 

日本では、私の古巣のソニーで「ライフプランナー」として職を全うしていたので、私の仕事の根源はライフプランナーのスタイルにあります。

 

現在でも、私が担当しているお客様、REPSS(レップ)社として担当しているお客様の要望に出来る限り答えるために、保険の知識や技術は持ち合わせは当然として、保険以外の隣接業界情報を収集し、お客様のニードに答える仕事をしています。

 

美容師さんのお金の貯め方

 

ハイリスク・ハイリターンを要求する場合。

ローリスク・ローリターンを要求する場合。

 

今では普通預金をするよりかは、自宅金庫が良いとも言われます。

 

何か金融商品を「買う」のであれば、美容師さんの生活に合う商品、保険屋の生活に合う商品を選択する必要があると思います。

 

美容室のカウンセリングと同様です。

美容室にお越しになったお客様に対して、単にどんなヘアスタイルにしたいかだけ聞くのか?、仕事や生活の話を織り交ぜながら聴く力を発揮し、そのお客様の要望に答える美容師さんなのか。

 

金融商品も同様で、パンフレットやネットに記載されている情報だけで判断し、いったい自分に合っているのかどうなのか?の判断は、なかなか難しいものではないでしょうか。

 

貯蓄をする目的、金融商品を買う目的、保険を買う目的。

お財布からお金を出すということは、何かの目的があるはずですよね。

 

自分に合っている商品の選択や、自分に合っている貯蓄の方法を、目的や理由に合わせて選択すると自分へのメリットを感じる事ができると思います。




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

下道 勝

美容業界特化型保険代理店REPSS(レップ)株式会社、美容師求人動画サイトCM&JOBを運営する代表取締役をしている、下道 勝(シタミチ マサル)が、日本全国の美容業経営者に向けた、情報ブログサイトを可能な限りの範囲で日々更新しているブログです。 日々営業活動をしている中で、美容業経営者の「なぜ」に対し、協会認定ファイナンシャルプランナーとしての情報が満載です。 これから美容業経営者を目指す方、現在美容業経営者の方に対し、情報を発信していきます。