美容師求人動画サイトCM&JOBとして応募数を上げる戦略

いつもご覧くださいまして、ありがとうございます!

 

美容師求人というビッグテーマになっている美容業界ですが、どこの美容室でも聞く言葉としては「人さえいれば」。

 

2010年前後は「美容師求人バブル」とも言える時期だったかもしれません。

美容学校の卒業生バブルが2009年頃から下降し、2002年〜2009年の美容学校卒業生が転職を考えた時に、求職者がこぞって求人サイト利用した事で、美容室は求人サイトに掲載すれば「結構集まる」という経験をされた方も多くいらっしゃると思います。

 

美容師求人は待遇勝負か?

 

目的は採用したいという事に今も昔も変わりないのですが、インターネットの成長やSNSの普及を考えると、過去と同じ方法論や手段で同じ結果を望む事は難しいと皆感じていると思います。

 

給与を上げれば人が集まるか?

社会保険完備にすれば人が集まるか?

休日を増やせば人が集まるか?

 

最近の美容室社長達が感じている事は、給与や休暇や社会保険を強く打ち出すと、その条件によって集まる人になるので、練習をしたがらない、上手くはなりたいけど練習をしない。

ブログ発信やInstagramの発信を美容室で取り組む事で結果を作り上げたり、デジタルを押しすぎてそれがストレスになり退職してしまう美容師さんもいらっしゃるらしい。

 

給与や休暇や福利厚生を強く打ち出すと条件面の差別化要因となり多少は反響があるにしても、その副作用がサラリーマン気質になる。

練習やコンテストを打ち出すと、なかなか人が集まらない。

 

いったいどうしたら人が集まるのか?

外資系企業の様な大きな条件や待遇で勝負するか?

 

美容業界は幸せだと想う

 

美容学校の卒業生数が、1999年や2000年の頃と同等の人数になった今、対する店舗数は右肩上がりに増え続け、25万軒以上の登録数がある現状ですよね。

これでは、バランスが取りづらく、求人をしてもなかなか結果に結びつかない理由もわかる気がする。

 

けれども、隣の業界である私達の保険業界では、保険屋になるための専門学校もなく、卒業生すらいません。

保険業界に比べたら、美容業界は幸せですね。

 

状況はバランスの問題ですが、解決策も見当たらない今、応募の質に関係なくまずは数を集めたいという考え方もあれば、美容学校に足繁く通いコミュニケーションを計り、生徒を紹介してもらうという事もあるかと思います。

 

美容師求人サイト運営会社の役割

 

従来の方法論や手段で、5年前と同じ感じで美容師求人サイトに費用を支払っても、期待もできず費用ばかりが続いてく事になってしまったり、求人会社のセールストークとしては、「それでも求人をしないわけにはいかないですよね」という様な、足元商売と感じてしまいそうな話法を使う営業までいるそうですね。

 

各会社の営業スキルや、営業ノウハウの違いはあって、美容師求人サイトの説明をし費用の説明だけを望む美容室社長もいれば、求人のみならず深く広い知識を共有しながら共に歩んでいく事を望む美容室社長もいらっしゃいます。

 

美容師求人サイト運営会社として求人をする上での「広告費」と位置づけても、やはり目的は「応募」のアクションの有無や、結果的な「採用」がやはりひとつの到達地点でしょう。

 

広告費という考えであれば、結果を約束する契約ではないという事であり、美容室側としては「応募の有無」と「採用」を希望して「広告費」を捻出しているはずです。

 

デジタル上の「会員数」は、有効会員数はいったいどの程度の数なのか?美容師の登録数はいったいどの程度なのか?が重要であり、会員数の合計数が指標ではないはずです。

 

美容室でも、カルテ数と有効カルテ枚数とは大きく違うのと同じですね。

 

最近私が何となく感じた事は、どうしても必要な事でない限り「会員登録をする事が面倒くさい」んです。

もしかしたら、私だけじゃないんじゃないのか?なんて考えています。

 

 

美容師求人サイトはいったい何サイトの数があるのか数えていませんが、美容師求人動画サイトCM&JOBを活用くださる求職者を集めると共に、平行して戦略を立てました。

 

一人でも多くの求職者を、掲載いただいている美容室に届けたいと思う事からの努力として。

 

その戦略を今月3月から開始し、一人でも多くの求職者さんを、ご掲載いただいている美容室に繋げられたら、期待に応える事になるでしょう。

 

美容師求人動画サイトCM&JOBメニュー&プライスをリニューアル

 

2018年3月1日から、新たなメニュー展開を開始します。

説明もなく上の画像でおおよその事が分かりますか??

もう少し詳しく知りたいなとお考えの方は、下記のQRコードを読み取っていただき、LINEにてお問い合わせください!

平日10:00〜18:00の間にご対応となりますが、お気軽にどうぞ!




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

下道 勝

美容業界特化型保険代理店REPSS(レップ)株式会社、美容師求人動画サイトCM&JOBを運営する代表取締役をしている、下道 勝(シタミチ マサル)が、日本全国の美容業経営者に向けた、情報ブログサイトを可能な限りの範囲で日々更新しているブログです。 日々営業活動をしている中で、美容業経営者の「なぜ」に対し、協会認定ファイナンシャルプランナーとしての情報が満載です。 これから美容業経営者を目指す方、現在美容業経営者の方に対し、情報を発信していきます。