美容室社長OSHINOBIセミナー「内部留保・外部留保」@自由が丘

いつもご覧くださいまして、ありがとうございます!

 

OSHINOBIセミナー自由が丘は今回で3回目のセミナーでした。

3回目の開催にもなると、少しづつ皆さんとコミニュケーションも取れはじめて、少しだけリラックスムードなお時間をいただきました!

 

残り2回のOSHINOBIセミナーも全力で頑張りますね!

 

美容室社長共に考えるお金の事

 

美容室経営者の多くは、美容師さん兼務で社長業をしている方も多いでしょう。

私もそのひとりで、営業マン兼務社長業をしております。

経営者は経営に特化するべき!とは頭で分かっておりますが、現場主義の私としてはやはり現場営業は大好き!

 

皆さんと接近戦で熱を感じながら、過去の話しも今の話も、未来の話もしながら、その情熱を形にすること、結果を作る事のお手伝いができる事が本当に楽しいんです。

 

ドキュメンタリーな経験を皆しながらも、やはり頭の片隅では「お金」の事は経営者として気になるところ。

 

お金の事を露骨に聴いたり話したりする事は、なんとなく気が引ける感じがしたり、なんとなくお金大好きと思われるんじゃないかとか、なんとなくヒソヒソ話しになったりしませんか?

 

そんな時は、仲間内数人が集まって皆で一緒に勉強する感じってのはどうでしょうか?

または実際のところどうなのか?直でご連絡をいただいて、個別打ち合わせをするケースももちろんあります。

 

その予備知識として、OSHINOBIセミナーは頭の柔軟運動になるかもしれません!

 

方法論より明確な目的を

 

余ったら貯金する。

先に貯金して残りで生活する。

目的がないと、先に貯金ってのがなかなか至難の業かもしれませんね。

 

美容室の経営者は優秀な方が多いので、「納税預金」だけは別通帳で積み立てている方も多くいらっしゃいます。

お金を貯めるという事は、シンプルに言えば「納税預金」と同様なのかなと思います。

 

では、なぜ納税預金はするのでしょうか?

きっとこんな感じでしょう。

・一気に襲ってくる消費税の納税がヤバイから

・一気に通帳が減って心が病みそうだから

あれ?ほとんど同じ意味かも。。

 

目的は、納税資金の積立てですよね。嫌だけど(←私の声)

 

美容室の経営をする上で、納税預金以外に「目的のある積立て」はしていますか?

 

預金目的がないなら納税の延期?

 

あまり細かくここで話してしまうと、セミナーにお越しいただいた方々に申し訳けないので書きませんが、会社の金庫に貯めておくのと、銀行に積立て預金をするのは、共通点があります。

 

それは「1円も経費になってない」という事ですよね。

 

仕事をめっちゃ頑張った結果、その資金を銀行に積み立てをしたとしても、その現金はそのままありますか?

減りますよね?

税金の対象ですから。

 

それをどのような方法で、税務署がOK!という方法のみで、対策をしたら良いのか?ってのが、今回の「内部留保・外部留保」の勉強会なわけです。

 

目的があって預金する。

その方法は、最も合理性のある方法で行う。

 

目的がなく預金する。

税金の課税対象になる可能性があるので、納税の「延期」をしてみてはどうでしょうか?

 

美容室社長OSHINOBIセミナー今週3軒達成!

 

今週だけで、3グループの美容室社長とお会いしました!

 

町田では「内部留保・外部留保」

武蔵小杉では「社会保険」

自由が丘では「内部留保・外部留保」

来週月曜日は、二子玉川の美容室で「社会保険」です。

 

今後もさまざまな地域に私がOSHINOBIでお伺いします!

もし気になるな〜とお考えの方はお気軽にLINEからお問い合わせくださいね!

事務局の担当者から折り返しさせていただきますので!

平日10時〜18時の折り返しとなりますので、宜しくお願い致します!




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

下道 勝

美容業界特化型保険代理店REPSS(レップ)株式会社、美容師求人動画サイトCM&JOBを運営する代表取締役をしている、下道 勝(シタミチ マサル)が、日本全国の美容業経営者に向けた、情報ブログサイトを可能な限りの範囲で日々更新しているブログです。 日々営業活動をしている中で、美容業経営者の「なぜ」に対し、協会認定ファイナンシャルプランナーとしての情報が満載です。 これから美容業経営者を目指す方、現在美容業経営者の方に対し、情報を発信していきます。